圧縮成形を軸に、押出成形や射出成形を駆使

 

PBIアドバンストマテリアルズは、当社独自の「PBIメソッド」を用いた圧縮成形、および、押出成形、射出成形により生産した加工用母材を提供しています。

icon-caret-square-o-right 圧縮成形素材: SCMシリーズ

icon-caret-square-o-right 押出成形素材: SEMシリーズ

icon-caret-square-o-right 射出成形素材: SPRシリーズ

 

 

圧縮成形

 

圧縮成形法は主に熱硬化性樹脂の成形に古くから用いられている方法です。

PBI樹脂は非常に流動性が低く、通常の射出成形や押出成形では成形することができません。そのため、PBIアドバンストマテリアルズ(当時、ヘキストジャパンと佐藤グループの共同開発)では、この圧縮成形法によるPBI樹脂の成形方法(PBIメソッド)を確立いたしました。

圧縮成形では他の成形法に比べて、成形中の樹脂の流動が小さいため、成形された素材中の残留応力および異方性が小さいという特徴があります。この特徴を活かして、PBI樹脂に限らず、各種スーパーエンジニアリングプラスチックへPBIメソッドを展開しております。

PBI メソッド
PBI メソッド は、PBI 樹脂の圧縮成形用に佐藤グループが独自開発した特許技術による圧縮成形方法です。
PBIメソッドでは、高温高圧下で一気に成形し時間をかけて冷却し、成形品を取り出します。このため、金型内の効率的なガス抜きが可能となり、従来の圧縮成形に見られた成形品内部のボイド発生を低減することができます。

 

圧縮成形母材の特徴

  • 切削加工時の反りが小さい
  • 物理特性の異方性が小さい
  • 小ロットからの製作が可能
  • 大型リングの製作が可能

 

 

押出成形

 

押出成形法は、金型に可塑化させた樹脂を通過させることにより特定の断面形状を持つ製品を生産する成形方法です。そのため、出来上がった製品の断面は全て同じ形状になります。樹脂の可塑化の方法と圧力のかけ方により種々の方法がありますが、加熱可塑化、スクリュー押出が一般的です。

連続生産のため、低コストでの大量生産に向いています。また、大きな素材の生産にも適しております。

 

押出成形母材の特徴

  • 製品単価が比較的安価
  • 大型素材の作製が可能

 

 

射出成形

 

射出成形法はプラスチックの主要な成形方法の一つです。可塑化させた樹脂を金型内に射出し、金型内で固化させます。複雑な形状の金型を作製することが可能で、最終製品を直接成形することもできます。

PBIアドバンストマテリアルズでは、射出成形により切削加工用素材の生産を行っております。他の成形方法と比べて生産サイクルが短く、低コストでの生産が可能となります。

 

射出成形母材の特徴

  • 製品単価が安価
  • 安定した品質