TPI(熱可塑性ポリイミド)

 

thermoplastic polyimideTPI樹脂は、メーカーが推奨する使用温度が240°Cまでで、射出成形グレードは非晶の状態で成形されます。非晶の状態で射出成形をされる場合、寸法安定性が半結晶性の樹脂であるPEEKよりも安定していることが特徴です。

射出成形グレードを結晶化させると耐熱性はPEEK以上の値を示し、ナチュラルの状態で荷重たわみ温度は315°C(0.45 MPa)を示します。

PBIアドバンストマテリアルズでは、この結晶化した状態での耐熱性に注目し、圧縮成形の手法にて結晶化度を向上させた状態の加工用母材の製作を行っています。

TPIの基本物性

項目 条件 規格 単位 物性値
ガラス転移温度(Tg) - DSC °C ~250
引張り強さ 23°C ISO 527 MPa 90
引張りひずみ 23°C ISO 527 % 90
曲げ強さ 23°C ISO 178 MPa 135
曲げ弾性率 23°C ISO 178 GPa 2.9
シャルピー衝撃強さ(ノッチ付) 23°C ISO 179 kJ m-2 -

 

TPI系の切削加工用母材

圧縮成形素材 | 射出成形素材

TPI | 圧縮成形素材

SCM6190 | Silver TPI

SCM6190

TPI微細加工用グレード(帯電防止)

Read more

TPI | 射出成形素材

SPR6100 | Fine TPI

SPR6100

TPI微細加工用グレード(絶縁)

Read more